ダイエットの漢方薬(防風通聖散)の市販薬の比較

スポンサーリンク

防風通聖散のメーカーごとの製品の違い

前回こちらの記事でダイエットに使われる漢方薬についていくつかの種類をご紹介しました。

今回の記事ではダイエットに使われる市販の漢方薬のうち、最もメジャーな防風通聖散のメーカーごとの違いと特徴について記載します。

防風通聖散の効果・効能と適用される体質について

まずは防風通聖散の効果・効能についてご紹介します。
クラシエ防風通聖散エキス顆粒の効能・効果は以下の通り記載されています。
「体力充実して、腹部に皮下脂肪が多く、便秘がちなものの次の諸症:高血圧や肥満に伴う動悸・肩こり・のぼせ・むくみ・便秘、蓄膿症(副鼻腔炎)、湿疹・皮膚炎、ふきでもの(にきび)、肥満症」

防風通聖散はお通じを改善する生薬を配合していますので、下痢気味の方には使いません。
また体力がある方向けの漢方薬となります。

防風通聖散の特徴・体質が合うかどうかの選び方などについては前回のこちらの記事をご参照ください

防風通聖散のメーカー・ブランドの比較とおすすめ商品

防風通聖散はツムラ・クラシエなど医療医薬品・市販薬含め多くの漢方薬を作っているメーカーのほか、小林製薬やロート製薬など市販薬中心のメーカーからも販売されています。

特に有名なのが小林製薬の「ナイシトール」ですが、ナイシトールにも3つの種類があります。
他にはCMでよく見かける「コッコアポ」「ロート防風通聖散錠」、漢方の代表的なメーカーである「ツムラ」、イオン・ウエルシアグループなどで扱いのある「ハピコムブランド」で商品を販売している北日本製薬の防風通聖散とを比較してみました。

品名 Amazon防風通聖散
エキス錠「至聖」
ハピコム防風通聖散
エキス錠「至聖」
新・ロート防風通聖散錠満量 ナイシトールZa ナイシトールGa ナイシトール85a コッコアポEX錠 ツムラ防風通聖散
エキス顆粒
商品画像 PHARMACHOICE防風通聖散料エキス錠「至聖」 防風通聖散料エキス錠「至聖」 ロート防風通聖散錠 ナイシトールZa ナイシトールGa ナイシトール85a コッコアポEX錠 ツムラ防風通聖散
メーカー 北日本製薬 北日本製薬 ロート製薬 小林製薬 クラシエ ツムラ
用法(15歳以上) 1日3回、1回6錠 1日3回、1回6錠 1日3回、1回4錠 1日3回、1回5錠 1日3回、1回4錠 1日2回、1回5錠 1日3回、1回4錠 1日2回、1回1包
Amazon価格
2021/07/03時点
30日分:4,114円 30日分:6,578円
(楽天の価格)
30日分:4,519円 28日分:5,056円 28日分:3,893円 28日分:3,288円 26日分:3,050円 24日分:3,684円
1日あたりの価格 約137円 約219円 約151円 約181円 約139円 約117円 約117円 約154円
満量処方に対する
有効成分(原生薬)量比
100% 100% 100% 100% 62% 50% 60% 50%

比較する上で大切なのは、「有効成分量」です。
漢方の有効成分量は「原生薬量(どれくらいの生薬を用いているか)」と「エキス量(抽出したエキスの量)」の両方を検討する必要があります。

エキス量が同じでも原生薬量の違いで効果の違いがありますし、厳密にいうと製法によっても効果が変わるようです。
メーカーを超えての漢方薬の比較に関しては成分量だけでは判断ができませんが、あえて判断するなら「原生薬量」、特に満量処方(最大配合)のうちのどれくらいの割合かで比較するほうが実情に近いと思います。

満量処方という認可されている最大量で製造されているのが、ナイシトールZaとハピコム防風通聖散エキス錠「至聖」、PHARMA CHOICE防風通聖散エキス錠「至聖」、新・ロート防風通聖散錠満量です。
しっかり効き目を感じたい方は、このいずれかを選ぶと良いでしょう。

「代謝を上げて、太りにくい体質を作っていく」目的を考えると、ある程度の期間継続して服用するのが前提となるので、価格も重要です。
ハピコムブランドは安いかと思っていましたがあまり安くなさそうです。

代わりに同じメーカーのおそらくパッケージが違うだけのAmazonのプライベートブランド「PHARMA CHOICE」がかなりお得で、1日当たりの価格を考えるとおすすめの商品です。

PHARMA CHOICE 防風通聖散 防風通聖散料エキス錠「至聖」

また、ロート製薬の満量処方のものも価格が抑えられていて、おすすめしやすい製品です。
服用量が多くなりがちな漢方薬で1回の服用する錠数が4錠なのは少ないです。
(代わりに粒が大きいようです。)

ロート防風通聖散錠満量

あとは価格差をどう捉えるかという話になりますが、1日数十円の違いで済むならCMなどでも有名な小林製薬のナイシトールZaを試したいという考えもあると思います。

ナイシトールZa

その他の比較ポイントは1日の服用回数です。ナイシトール85a、ツムラの防風通聖散エキス顆粒は1日2回服用なのがメリットです。
また、錠剤より顆粒の方が飲みやすい方はツムラの防風通聖散エキス顆粒を選択すると良いでしょう。

ナイシトール85a


ツムラ防風通聖散エキス

接客の際、漢方薬の錠剤は飲む量が多いからか飲むのが大変と仰る方が多い印象があります。
(個人的な意見も入っているかもしれませんが。)

防風通聖散を服用する際の注意点

医薬品全般に関して言えることですが、まず用法用量は必ず守って服用しましょう。
特に漢方薬は安全なイメージが強く用法を守ることの意識が薄れがちになりやすいようです。

服用することで下痢をはじめとした消化管不良などの副作用は実際に起こりやすいので、服用していて下痢・胃腸の気持ち悪さなどを感じる場合は専門家にご相談ください。

また、漢方薬は体質で使えるか使えないか、使うほうが良いか副作用が強く出るかなどが変わってきます。

防風通聖散は体力があって、ついつい食べ過ぎてしまう便秘気味の方です。
元気が有り余る方の薬となりますので、体力がない方、普段から下痢気味の方は服用しないようにしてください。

コメント