虫刺されに使う市販薬のおすすめ

スポンサーリンク

痒みが出ても掻かないで虫刺されの薬を使う方がきれいに治る

虫に刺されると痒みがひどくついつい引っ掻いてしまうことが多いと思います。

私もよくやっちゃうのですが、引っ掻きすぎるのは肌を傷めて痕が残る原因になります。
今回は痒みをしっかり抑える塗り薬を紹介します。

虫刺されの薬の成分

虫刺されの薬の有効成分は大きく以下の3種類に分類されます。

①ステロイド

ステロイドは体の中で起こる炎症作用を和らげる効果があり、虫刺されなどにおけるかゆみ、腫れの症状をしっかりと抑える効果があります。
ステロイドの成分が含まれる市販薬は含まれない市販薬に比べて効果が圧倒的に高くなります。

ステロイドと聞くと怖いかもしれませんが、市販の軟膏に含まれているステロイドはきちんと使えば副作用などの心配はほぼありません。
一般的にステロイドの副作用は長期間使用することにより起こるものなので、特に短期間しか使わない虫刺されでの使用において副作用は心配しなくても良いと思います。

②抗ヒスタミン剤

抗ヒスタミン剤はかゆみ止め、炎症を抑える成分です。
鼻炎薬やじんましんの時の飲み薬としても使われている成分です。

体の中で炎症が起こった際に出てくるヒスタミンという炎症を周囲に伝える物質の作用を抑えることからこの名前がつきます。
市販の飲み薬にも使われるくらいなので安全性は高いですが、単独での効果はステロイドの方が高いです。

③その他

主に虫刺されの塗り薬にはステロイドと抗ヒスタミン剤が使用されていますが、その他にもかゆみ止め成分や補助成分が含まれていることがあります。

1.クロタミトン(鎮痒剤)

上記の二種類とは異なる効果を発揮するかゆみ止めです。
補助的に配合されていることがあります。

2.メントール

夏場の塗り薬に多く配合されているのが清涼感を感じるメントールです。
スースーするので気持ちいいですが、肌が弱い方や、傷になっている所に塗った場合は違和感を感じることがあります。

虫刺されにおすすめの市販薬

そんなにひどくない虫刺されの場合、この薬でないとダメとかの制約は少なくて、ある程度どの薬を使っても効果はきちんと出ます。
今回は虫刺されの薬の中でよく使われているもの、高い効果の成分がしっかりと入っているもの、値段が手頃なものを紹介します。

①液体ムヒS

今最も売れている市販の虫刺されの薬です。
ステロイドと抗ヒスタミン剤・清涼感成分などが色々配合されている塗り薬で、しっかりとしたかゆみ止め効果が期待できる薬です。
効果が高いのに値段はかなり手ごろで、購入しやすいのが特徴です。
小さいお子様でも使用できるようで、生後6か月以上が使用開始の目安のようです。

②マニューバEX11(液・ゲル)

①の液体ムヒSよりもさらに高い効果が出る液体ムヒEXと同じ成分を含む薬です。
ウェルシア薬局などで取り扱いがある商品で、ネット販売もされています。

値段が液体ムヒEXよりも安いのが特徴で、どれを使ったらよいかよくわからないがしっかり効くものが欲しいという方におすすめです。
液体タイプは手軽に塗れますが直接肌にスポンジをつけるので、誰かと共用などはしない方が良いです。

ゲルは持続時間が長く家族や他人とも共用できますが、指で塗り広げるので使い勝手は液体タイプに劣ります。
どちらも高い効果が出ますので、家族や他の人と共用するかどうかで判断するとよいと思います。

マニューバEX11

③エンクロン軟膏

この薬は軟膏タイプの薬で、虫刺されよりも湿疹や皮膚炎などで使用されることが多い薬です。

軟膏タイプの塗り薬はべたつきがありますが効果の持続時間が長く、また刺激も少ないのが特徴です。
肌が敏感な方は液体タイプの虫刺され薬より安心して使用していただけると思います。

エンクロン軟膏

虫刺されの薬の使用上の注意について

虫刺されの塗り薬で大きな副作用の心配はほぼありません。
使っていて肌が荒れることがあれば使用を控えてください。

ただし長期間使用するのは好ましくありません。
いつまでも症状が続くようなら皮膚科で診察を受けてください。

コメント