風邪薬の新商品の紹介と症状別のおすすめ

スポンサーリンク

総合感冒薬(風邪薬)の新発売

今年は総合感冒薬(風邪薬)で有名なパブロンシリーズから症状別の風邪薬のラインナップ「パブロンメディカル」が発売されました。
その他に色々な症状に高い効果を発揮する最上位の「パブロンエースプロ」も発売されています。

またルルアタックシリーズのルルアタックFXは成分が一新され、ルルアタックFXaとしてリニューアルされました。
マツキヨのオリジナルの商品のルルアタックIBエースという商品も新しく発売されています。

今回はこれらの総合感冒薬(風邪薬)の新商品と症状別のおすすめの薬を紹介します。

*追記:17/12/13 コルゲンコーワIB錠TXαの発売に伴いまして、のどの痛みがひどい風邪薬に対するおすすめが変更になりました。
のどの痛みに効果が高い総合感冒薬(新商品)を参考にしてみてください。

新商品パブロンメディカルシリーズ・パブロンエースプロの特徴

症状別の総合感冒薬はタケダのベンザブロックや、第一三共ヘルスケアのルルアタックのシリーズが有名で、総合感冒薬として風邪の色々な症状に効果が出る上に、さらにその中の特定の症状により高い効果がでるように作られているのが特徴です。

パブロンメディカルシリーズも症状別に3タイプの風邪薬があり、のど、咳、鼻水にそれぞれ高い効果が出る作りになっています。

パブロンエースプロは解熱鎮痛成分イブプロフェンがこれまでの総合感冒薬よりも多く配合されているのが特徴で、熱・のどの炎症に対して効果が高い成分の配合の薬となっています。

ルルアタックFXaの特徴

ルルアタックシリーズの中で特に熱・寒気に対して効果が高く作られていたルルアタックFXがリニューアルされました。
これまでは生薬を中心に配合されていましたが、同じ名前でも全然配合が変わっていて、一番の特徴はイソプロピルアンチピリンという解熱・鎮痛剤が配合されていることです。

このイソプロピルアンチピリンは「ピリン系」と言われる成分で高い解熱・鎮痛効果がありますが、人によってはまれにピリン疹と言われる湿疹が出ることがある成分です。

それぞれの総合感冒薬(風邪薬)の成分表

新しく発売された総合感冒薬(風邪薬)の成分と価格を記した表が以下のようになります。

パブロンエースプロは私が調べた限りAmazonでのネット販売が開始されていなかったため、価格は不明ですが少し高くなりそうです。

以前からある風邪薬よりも成分の量が増えているのが特徴で高い効果が期待できるとは思いますが、あまりにも価格が高いなら必ずしもこの薬を使う必要はないのかもしれません。

品名 パブロンメディカル パブロン ルルアタック ベンザブロック(カプレット)
N C T エースプロ FXa EX NX IBエース S Sプラス L Lプラス IP IPプラス
画像 パブロンメディカルN パブロンメディカルC パブロンメディカルT パブロンエースプロ ルルアタックFXa ルルアタックEX ルルアタックNX ルルアタックIBエース ベンザブロックS ベンザブロックSプラス ベンザブロックL ベンザブロックLプラス ベンザブロックIP ベンザブロックIPプラス
対象年齢 15歳以上 15歳以上 15歳以上 15歳以上 7歳以上 15歳以上 15歳以上 15歳以上 12歳以上 12歳以上 15歳以上 15歳以上 15歳以上 15歳以上
15歳以上の用法
*15歳未満は異なります。
1日3回、
1回2錠
1日3回、
1回2錠
1日3回、
1回2錠
1日3回、
1回3錠
1日3回、
1回2錠
1日3回、
1回2錠
1日3回、
1回2錠
1日3回、
1回2錠
1日3回、
1回2錠
1日3回、
1回2錠
1日3回、
1回2錠
1日3回、
1回2錠
1日3回、
1回2錠
1日3回、
1回2錠
Amazonの最大包装の金額
2017/11/1
30錠
2,138円
30錠
2,138円
30錠
2,138円
24錠
1,922円
24錠
1,354円
24錠
1,610円
18錠
1,380円
30錠
1,179円
30錠
1,306円
30錠
1,600円
30錠
1,573円
30錠
1,685円
30錠
1,915円
成人1日あたりの金額
上記より算出
427.6円 427.6円 427.6円 480.5円 338.5円 402.5円 460円 235.8円 261.2円 320円 314.6円 337円 383円
メインの効能 はな せき のど 熱・のど 熱・さむけ 熱・のど はな 熱・のど・はな はな はな のど のど 熱・さむけ 熱・さむけ
解熱鎮痛 イソプロピルアンチピリン
(ピリン系)
300mg
アセトアミノフェン 450mg 900mg 900mg 180mg
イブプロフェン 450mg 450mg 450mg 600mg 450mg 450mg 450mg 450mg 450mg 450mg 360mg
のど
トラネキサム酸 750mg 420mg 420mg 420mg
グリチルリチン酸ニカリウム 40mg
グリチルリチン酸 39mg
鎮痛補助 無水カフェイン 75mg 75mg 75mg 75mg 75mg 75mg 75mg 75mg
鼻づまり 塩酸プソイドエフェドリン 135mg 135mg 135mg
鼻水 d-クロルフェニラミン
マレイン酸塩
3.5mg 3.5mg 3.5mg 3.5mg 3.5mg 3.5mg
クロルフェニラミン
マレイン酸塩
7.5mg 7.5mg 7.5mg 7.5mg 7.5mg
クレマスチンフマル酸塩 1.34mg 1.34mg 1.34mg
ヨウ化イソプロパミド 6mg 6mg 6mg
ベラドンナ総アルカロイド 0.3mg
咳止め ジヒドロコデインリン酸塩 24mg 24mg 24mg 24mg 24mg 24mg 24mg 24mg 24mg 24mg 24mg 24mg 24mg
ノスカピン 48mg
チペピジンヒベンズ酸塩 75mg
dl-メチルエフェドリン塩酸塩 60mg 60mg 60mg 60mg 60mg 60mg 60mg 60mg 60mg 60mg 60mg
グアイフェネシン 180mg
去痰 アンブロキソール塩酸塩 45mg 45mg
L-カルボシステイン 750mg 750mg 750mg 750mg
ブロムヘキシン塩酸塩 12mg 12mg
鎮咳・去痰 キキョウ乾燥エキス末 160mg
[キキョウ
800mg]
オウヒ乾燥エキス 72mg
[オウヒ
1200mg]
体温上昇 ショウキョウ末 200mg
ビタミン類 チアミン硝化物
(ビタミンB1硝酸塩)
25mg
ベンフォチアミン
(ビタミンB1硝酸塩)
25mg 25mg
リボフラビン
(ビタミンB2)
12mg 12mg 12mg 12mg 12mg 12mg 12mg
アスコルビン酸
(ビタミンC)
300mg 500mg
ヘスペリジン 90mg 90mg 90mg 90mg 90mg

症状別の総合感冒薬のおすすめ

①のどの痛みが最もひどい

新しく発売されたパブロンメディカルNはのどの炎症を抑える成分が多くないので、個人的にはあまりおすすめではありません。

パブロンエースプロは良いのですが、以前からあるルルアタックEXの方が値段が安くコストパフォーマンスに優れています。
有効成分もそこまで大きな違いがないので、私個人的にはこれまで通りルルアタックEXをおすすめします。

マツキヨオリジナルのルルアタックIBエースはのどの痛みと鼻水にバランスよく効果が出る薬ですが、ルルアタックEXの方がトラネキサム酸という有効成分が多いので、のどの痛みがメインと考えるとやはりルルアタックEXがおすすめです。

*追記:17/12/13 コルゲンコーワIB錠TXαの発売に伴いまして、のどの痛みがひどい風邪薬に対するおすすめが変更になりました。
のどの痛みに効果が高い総合感冒薬(新商品)を参考にしてみてください。


ルルアタックEX

②鼻水の症状をまず抑えたい

鼻水を止める成分が多く入っているのはベンザブロックのS・SプラスとルルアタックNX・ルルアタックIBエースです。

どれを使ってもよい気がしますが、のどの痛みや熱もひどい場合はルルアタックIBエースがバランスよく効果が出る気がします。

ルルアタックIBエース

7歳以上から使える薬でかつ値段が安くなるのがベンザブロックS・Sプラスです。
以前はベンザブロックSプラスの値段がすごく高かったのでおすすめではなかったのですが、最近は価格が下がってきたのでコストパフォーマンスに優れた薬の一つとしておすすめします。

ベンザブロックSプラス

鼻詰まりが出ているような場合、鼻詰まりを解消する成分が含まれているパブロンメディカルNが最も高い効果が期待できると思います。

パブロンメディカルN

③咳がひどい

咳だけの症状の場合、咳止め専用の薬でも良いですが、熱・喉の痛みなどの症状がある場合は、鎮咳成分が豊富に入ったパブロンメディカルCがおすすめです。
鎮咳成分・去痰成分にさらに生薬が2種類含まれていて、高い効果が期待できます。

パブロンメディカルC

④発熱・頭痛がひどい

いずれも新商品のパブロンエースプロ・ルルアタックFXaがおすすめです。

解熱鎮痛成分はもともと胃腸に負担がかかって痛くなったり、湿疹が出たりすることがあります。
これらの薬は解熱鎮痛成分が他の薬と比べてより豊富なため、そういった副作用には注意が必要です。

*追記:17/12/13 コルゲンコーワIB錠TXαの発売で、熱・頭痛ひどい場合にコルゲンコーワIB錠TXαもおすすめです。
のどの痛みに効果が高い総合感冒薬(新商品)を参考にしてみてください。

パブロンエースプロ

ルルアタックFXa

その他、熱が出そうで寒気がするなどの症状の時は葛根湯・麻黄湯などの漢方薬もおすすめです。
風邪に効果のある漢方薬はまた別の機会にご紹介します。

総合感冒薬(風邪薬)を服用する際の注意点

①総合感冒薬(風邪薬)は用法・用量を守る

薬は万能ではないので、症状がひどいと効果が十分に出ないこともあります。

効果が十分に出ないからと言って、高い効果を期待してたくさんの量を服用したり、大人用の薬を子供が飲んだりすると効果が十分に出ないだけではく、副作用が出やすくなります。

用法・用量を守って服用してください。

②総合感冒薬(風邪薬)は症状を抑える薬

世の中のほとんどの薬と同様に、総合感冒薬(風邪薬)も「症状を抑える薬」です。
風邪を治す効果はないのでしっかりと栄養補給を行ってきちんと休息しましょう。

③症状がひどい場合は病院での診察を受ける

普通の風邪ではなく細菌などの感染症の場合、しっかりと休息をとったり、栄養補給をしていても症状がなかなか良くならないことがあります。

またインフルエンザの場合、市販の薬を飲まない方が良い場合もあります。
これからの季節はインフルエンザが流行するので38度以上の熱が出たり、急激な症状が出た場合は病院で診察を受けるようにしましょう。

コメント