花粉症の飲み薬のおすすめと比較

スポンサーリンク

花粉症の薬は種類が多く、違いがわかりにくい

花粉のシーズンは「鼻水・鼻づまり・くしゃみ」にお悩みの方も多いと思います。

鼻水・くしゃみなど花粉症の不快な症状を抑えるには「抗ヒスタミン薬」といわれる飲み薬がよく使われます。
抗ヒスタミン薬は様々な種類があり、病院や調剤薬局でのみもらえるものや、市販薬としてドラッグストアなどで購入できるものがあります。

今回は花粉症の薬の中でも薬局やドラックストア、インターネットで購入できる市販薬の比較・違いについてご紹介します。
この記事を読んでくださった方に、ご自身に合った花粉症の薬の選び方の参考になれば幸いです。

花粉症の薬の特長(副作用)について

抗ヒスタミン薬はアレルギー症状の原因となる「ヒスタミン」の働きを抑えることで、鼻水・くしゃみなどの鼻炎症状を和らげる働きがあります。

この抗ヒスタミン作用はアレルギーを抑えるのに非常に効果的に働くのですが、体内でのヒスタミンの作用はアレルギーだけにかかわらず色々な作用があります。

抗ヒスタミン薬は体内におけるヒスタミンの作用を色々抑えてしまうことで副作用が起こります。
最も代表的なものは「眠気」です。

ヒスタミンは脳においては覚醒・興奮にかかわることが知られていて、抗ヒスタミン薬を服用することで覚醒・興奮が抑えられ眠気・ふらつきが生じるとされています。

これはヒスタミンを抑える性質がある以上ある程度の頻度で絶対に生じてしまう副作用になっていて、完全に除去するのは難しいようです。
ただ、薬は色々改良されてきて、徐々に副作用についてはそこまで気にしなくても大丈夫な程度になっているものも出てきています。

一昔前の抗ヒスタミン薬は「効果が高いが眠気・ふらつきも強い」薬が多かったのですが、「効果はそこそこ高く、眠気・ふらつきの副作用はかなり低い」という感じになってきています。
新しい薬が昔の薬と比較して必ずしも「効果が高い」わけではないのが他の種類の薬との大きな違いになります。

抗ヒスタミン薬の種類について

抗ヒスタミン薬は大きく2つの世代に分かれていて、第一世代が従来の「効果が高いが眠気・ふらつきも強い」薬、第二世代が「効果はそこそこ高く眠気・ふらつきの副作用はかなり低い」ものになります。

最近よくCMなどが流れるアレグラFX・アレジオン20・クラリチンEXはいずれも第二世代に分類されている薬で、副作用が少ないものになります。
効果はもちろんありますが、他の花粉症の薬と比較して優れているのは効果ではなく「副作用が少ないこと」です。

これらの薬は1~2週間くらい服用してから効果がしっかりと出てくるので、服用初めてすぐのころは効果が少ない場合もありますがしばらく継続服用する必要があります。

抗ヒスタミン薬の効果・飲み方・価格の比較

アレグラFX・アレジオン20・クラリチンEXの効果・飲み方・価格の比較表は下記の通りです。
アレグラFXは医療用・市販ともに使用される実績が多いからなのか、同じ成分を含む安い薬が複数種類販売されていて、そのうちコスパに優れたアレルビも比較対象に加えております。

商品名 アレグラFX アレジオン20 クラリチンEX アレルビ
商品画像 アレグラFX アレジオン20 クラリチンEX アレルビ
金額
(Amazon2021/4/11時点)

最大包装1個で比較
56錠:2,400円 24錠:1,775円 14錠:1,396円 56錠:1,039円
1日当たりの金額 約85.7円 約74.0円 約99.7円 約37.1円
飲み方 1日2回朝・夕 1日1回寝る前 1日1回食後(同じ時間) 1日2回朝・夕
錠剤の大きさ 12.1mm×5.6mm 直径8mmの円形 直径6.5mmの円形 情報なし
特長 眠気が少ないとされる。
効果と副作用のバランスが良い
1日1回タイプ
眠気は個人差あり
3種類の中ではコスパもよい
錠剤が小さい
価格は若干高め
アレグラと同じ成分の薬
価格が圧倒的に安い

どの薬を選ぶのがおすすめか

1日2回服用でも眠くなりにくいのを優先される場合はまずはアレグラFXを選ぶのがいいかと思います。
使用実績も多い薬なので安心して使用できます。

アレグラFX

または同じ成分を含んでいるのに圧倒的に安いアレルビもおすすめです。
アレルビは皇漢堂製薬という大手メーカーの薬と同じ成分を使用した薬を作っているメーカーで、実績も豊富なので「安かろう悪かろう」ではないと思います。

アレルビ

アレグラFXで効果が感じられない方、1日2回も薬を飲みたくないという方はアレジオン20を試してみることをおすすめします。

アレジオン20

大きい錠剤を飲むのが苦手な方は「一番小粒のクラリチンEX」が良いと思いますが、15歳以上の方で小粒がよい方はすごくレアな気もします。

クラリチンEX

薬の服用時の注意事項

①薬を飲み始めてから効果が出るまでの期間について

先ほども少し触れましたがアレグラFX・アレジオン20・クラリチンEXなど第二世代の抗ヒスタミン薬は十分な効果が発揮されるまで少し時間がかかる場合があります。
飲み始めてすぐに効果が出なくてもしばらく服用を続けて様子を見るようにしてみてください。

逆に、眠くなろうがふらつこうがとにかく早く効果が欲しいという方は別の薬を使用した方がよいです。(あまりケースとして多くないと思いますが)

②抗ヒスタミン薬以外の花粉症の薬について

症状がひどい方特に鼻づまりがひどい場合、鼻アレルギー診療ガイドラインによると、抗ヒスタミン薬以外の飲み薬や、ステロイドの点鼻を併用するのが推奨になります。
ステロイドの点鼻薬は市販でもいくつか種類がありますが、他のタイプの飲み薬は市販薬では存在していません。

重い症状をしっかりと抑えたい方は病院で診察を受けて薬をもらうようにしてください。
症状は重いが何とか市販の薬で対処したい方はステロイドの点鼻薬と抗ヒスタミン薬を併用する方がよいと思います。

ステロイドの点鼻薬の選び方についてはこちらの記事https://otcdrugs-healthfoods.info/tennbiyaku/も参考にしてみてください。

③眠気についての注意

アレグラFX・クラリチンEXの添付文書には眠気のある薬に記載のある服用中における車の運転を禁止する記載がないです。

この中ではアレジオン20のみ説明文書に「服用後は乗り物または機械類の運転操作はしないでください」という記載があります。
(一部アレジオン20とクラリチンEXの眠気の生じやすさに関しては逆の結果が出ている報告もあるので、そんなに大きな違いはない可能性もあります。)

いずれにしても眠気が生じる可能性のある抗ヒスタミン薬の性質上絶対に大丈夫ではないので、どの薬を服用するにしても運転は控える方が安心だと思います。

コメント