アレジオンと同じ成分の薬と違いについて

スポンサーリンク

アレジオンは市販でよく使われる鼻炎薬の1つ

アレジオンはアレグラよりも約1年前から市販されている鼻炎薬で、効果が高くかつ眠気などの副作用も少ないバランスの良い薬です。

他のメーカーから同じ成分を使用した薬も販売されていて、価格について少しお買い得な商品も発売されています。
今回はアレジオンやその類似品の特徴とおすすめの市販薬についてご紹介します。

アレジオンの有効成分について

アレジオンの有効成分はエピナスチン塩酸塩という成分で、アレルギーの症状を和らげる抗ヒスタミン剤の1種類です。先ほども少し記載したように効果が高く、かつ眠気・のどの渇きなど鼻炎の薬で問題になる副作用が比較的起こりにくいバランスの良い薬です。

また、1日1回で効果が持続するのも大きな特徴で、飲む回数が少なくて済むので好んで使われる方も多くいらっしゃいます。

医療用医薬品のアレジオンはアレルギー性鼻炎の他に、蕁麻疹・湿疹の痒みを抑える目的で使用されたり、喘息の治療に使用されたりしますが、市販のアレジオンはアレルギー性鼻炎の適応のみとなっています。
市販されているアレジオンは蕁麻疹や喘息などには使用できません。

アレジオンの有効成分量は20mg?

アレジオンが発売された当初は10mgのエピナスチン塩酸塩を含むアレジオン10が販売されていました。
その後医療用と同量の20mgを含有するアレジオン20が発売され、現在はアレジオン10とアレジオン20の両方が販売されています。

アレジオンの鼻炎・鼻水に対する効果は10mgと20mgで大きな違いはないらしいですが、医療用と同量配合というのは市販薬においておすすめするポイントになるようで、現在はネットやドラッグストアでもアレジオン20のみを取り扱っているところが多い気がします。

アレジオン20と同じ成分を含む市販薬

アレジオン20と同じ成分を含む市販薬は以下の表のものがあります。

アレグラFXと同じ成分の市販薬と異なり、値段が圧倒的に安いものは存在しませんが、ポジナールEP錠など少し値段が安いものも販売されています。

商品名 アレジオン20 アレジラスト20 アルガード持続性
鼻炎シールド24h
ポジナールEP錠
商品画像 アレジオン20 アレジラスト20 アルガード持続性鼻炎シールド ポジナールEP
金額
Amazon2018/1/7時点
12錠:1,296円 20錠:2,138円
*楽天での価格
Amazonは取り扱いなし
12カプセル:1,522円 20錠:1,922円
1日当たりの金額 108円 106.9円 126.8円 96.1円
備考 ビタクールエピナスチン
ナブルシオン
など同じメーカーから
複数名で販売
最安値

おすすめの鼻炎薬について

1日1回タイプの飲み薬が良い場合、アレジオン20を含むエピナスチン塩酸塩の薬はまず最初に試していただきたい薬です。
価格が安いものが良ければポジナールEP錠を試してもよいと思います。

アレジオン20

ポジナールEP錠

アレジオン20を使っていて、もし眠気やのどの渇きなどの副作用を感じることがあればアレジオン10やその類似品を試すか、1日2回の薬で最もよく使われるアレグラFXやその類似品を使う方法があります。

あくまで個人的な意見ですが、アレジオン10は徐々に取り扱いが少なくなってきているので、アレグラFXやその類似品を使う方が現実的な気がします。

アレグラFXと同じ成分を含む医薬品のうちアレルビという市販薬はかなりお買い得になっていて、最もコスパの良い鼻炎薬の1つです。

アレルビ

逆に、1日1回の薬でもっと長い時間効果が続いてほしい場合、エバステルALを服用していただくのもよいかもしれません。

ただしエバステルALは持続時間の長い成分ですが、成分の含量が医療用医薬品のエバステルよりも少ないです。
そのためアレジオン20と比較して効果が強くなるか弱くなるか判断しにくいのが難点です。

エバステルAL

また、市販の薬ではどの薬を使っても効果が弱かったり、効果が出ても眠気などの副作用を感じる場合は点鼻の薬を併用するのもおすすめです。
18歳以上の方専用ですが、ナザールARα0.1%はかなり高い効果が期待できます。

ナザールARα0.1%

市販の薬は全部試そうとすると結構高くなってしまいがちです。
病院で診察を受けて薬をもらった方が安心だし、費用も安くなる場合もあります。

体質に合わせて使用できる成分もたくさんあるので、時間があるなら診察を受ける方がよいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする