症状別ビタミン剤のおすすめ

スポンサーリンク

ビタミン剤は成分が豊富でコストパフォーマンス抜群

ビタミン剤はビタミン類を含む医薬品で、値段が安く手軽に飲むことができます。
その分種類がたくさんあり、どの薬がどのような効果になるのかを判断しにくいです。
今回はビタミン剤の種類と、用途別の手軽に飲めるおすすめのビタミン剤を紹介します。

ビタミン剤の種類は大きく3種類

よく使われるビタミン剤は大きく分けて以下の3種類があります。

①ビタミンB1製剤

疲れや肩や腰の痛み、眼精疲労などに適応があるビタミン剤です。ビタミンB1のほかにB6やB12も含まれているものが多く、ビタミン剤で最もよく使われているのが、この種類です。

代表的なものとしてはアリナミンA・EXプラスやキューピーコーワのシリーズがあります。

②ビタミンB2製剤

肌荒れに対して使用されるビタミン剤です。粘膜の再生にも効果があり、口内炎の治療にも適応があります。

肌荒れの用途では女性が使うことが多いですが、口内炎の症状で男性が使うこともあります。
昔からよく使われているのはチョコラBBなどがあります。

③ビタミンC製剤

ビタミンCは肌のシミ・そばかすに効果があり、美白目的の医薬品に配合されています。
ハイチオールCやトランシーノホワイトCなどの医薬品に配合されています。

おすすめのビタミン剤

どのビタミン剤においてもすごくコストパフォーマンスが高いものが販売されているので、それぞれの薬を紹介します。

①新ネオビタミンEX(ビタミンB1製剤)

疲労回復のビタミン剤でも紹介しましたが、アリナミンEXプラスと同じ有効成分を含む疲労回復や眼精疲労・肩こり・腰痛に効果のある薬です。
全く同じ成分を含むのに値段が半額以下なのでかなり使いやすくておすすめです。
アリナミンEXプラスは大体90日分で5,000円ちょっとという感じですが、新ネオビタミンEXは2,000円くらいで購入できます。

新ネオビタミンEX

②ビタミンBBプラス・ネオビタBBプラス(ビタミンB2製剤)

チョコラBBプラスと同じ成分を含む医薬品で、値段がかなり安いです。
チョコラBBが3,100円くらいですが、ビタミンBBプラスは250錠で1,200円くらいとなっていてかなりお買い得です。
ビタミンBBプラスとネオビタBBプラスは同じメーカーがパッケージを変えて販売している商品でほぼ同じ値段ですが、一方だけが安いことがあります。

ビタミンBBプラス

③ビタホワイトプラス・ネオビタホワイトプラス(L-システイン/ビタミンC製剤)

しみ・そばかすに対して効果があるハイチオールCと似た成分の配合になっている商品です。
中に含まれているビタミンCがより多くなっていますが、値段は半額以下になっていて30日分800円くらいで販売されています。

ネオビタホワイトプラスも同じ成分の配合になっていて、それぞれ複数のパッケージで販売されています。

ビタホワイトプラス

また、値段は少し高くなりますがしみ・そばかすに高い効果が出る上に、肌荒れに効果のあるビタミンB2や血流をよくするビタミンEを配合していて、肌の調子を整えるのに優れているエバレッシュホワイトEXという商品もあります。

この商品はマツモトキヨシのオリジナルの商品ですが、オリジナル商品にしては珍しく第一三共という大手のメーカーが作っています。
ビタホワイトプラスよりは高いですが値段も手ごろで、大手が作っていて、優れた成分の配合になっているので、こちらの商品もおすすめです。

エバレッシュホワイトEX

コメント