シラミの駆除に効果のある市販薬

スポンサーリンク

寄生虫・害虫の気になる季節にシラミの駆除に効果のある薬のご紹介

夏を迎えて気温が高くなり、肌のあれ・かゆみが気になる季節になってきました。
お子様のプールなどもあるため肌のトラブルを引き起こす寄生虫・害虫などにも関心が高い方も多いと思います。

今回はお子様のプールで話題になるシラミの駆除に効果のある市販薬について解説します。

シラミの種類と特徴・かかった場合の症状

現在主に人に寄生するシラミは主にアタマジラミ、ケジラミの2種類があります。
(コロモジラミというシラミも昭和30年くらいまでは被害があったようですが、現在はコロモジラミによる被害はほぼないらしいです。)

このうちアタマジラミは小学校低学年のお子様の間で集団発生しやすい特徴があります。
これはお子様同士が頭をこすり合うなど距離の近い遊び方をすることによるようです。

一方ケジラミは一般的に成人の陰毛を中心に発生します。

シラミは不潔というイメージがありますが、感染力が強いため感染源と接触すると清潔にしていても感染することがあります。
寝具・ブラシなどを共有することでも感染するため、特に家族間での感染も多いです。

アタマジラミ・ケジラミともに感染すると頭皮や陰部に、強いかゆみが出て、その部分を掻いてしまうことで、二次的に皮膚に炎症がおきてしまいます。

市販薬の有効成分

有効成分は「フェノトリン」です。害虫にはよく効きますが、人間などの哺乳類にとっては安全性が高いので心配せず使用することができます。
外用剤ですので、誤って服用することのないようご注意ください。

市販されている医薬品はすべて「0.4%」の濃度を配合しています。

シャンプーとパウダーの違い

シャンプーとパウダーの2つのタイプがあります。

大まかな特徴としてシャンプータイプはシャンプーする要領でなじませて5分待つだけと短時間で使用できます。

パウダータイプは粉末なのでふりかけて使えるのが特徴で頭髪以外にも寝具や畳などにも使うことができます。
代わりに薬をなじませるのに1時間放置する必要があり、シャンプータイプより薬をいきわたらせる時間を長くとる必要があります。

スミスリンシャンプーとパウダーについてはいずれも3日に1回使用し、3~4回繰り返すことで効果を発揮します。

市販薬の比較

シラミとりの市販薬でパウダータイプのものは私が調べた限りスミスリンパウダーの1種類のみでした。
シャンプーは3種類が販売されていますので、比較表を記載します。

品名 スミスリンL
シャンプータイプ
スミスリンシャンプー
プレミアム
アースシラミとり
シャンプーα
商品画像 スミスリンLシャンプー スミスリンプレミアム アースシラミとりシャンプーα
メーカー ダンヘルスケア ダンヘルスケア アース製薬
容量 80mL 80mL 100mL
用法(15歳以上) 頭髪には10~20mL程度
陰毛には3~5mL程度
頭髪には10~20mL程度
陰毛には3~5mL程度
頭髪には10~15mL程度
陰毛には3~5mL程度
Amazon価格
2021/07/09時点
2,350円 2,842円 1,990円
1回あたりの価格(頭髪) 294円~588円 355円~711円 199円~299円

スミスリンLシャンプータイプ(ダンヘルスケア株式会社)

防虫・殺虫剤などで有名なKINCHOグループのダンヘルスケア株式会社から販売されています。
1998年に発売された、歴史の長いシャンプーです。

メーカーのホームページによると「泡立ちを抑えたことにより、シラミと薬剤の接触を高め、シラミを駆除します。」という特徴があります。

スミスリンLシャンプー

スミスリンシャンプープレミアム(ダンヘルスケア株式会社)

2018年に発売された、比較的新しい医薬品です。
メーカーのホームページには「微細な持続性の高い泡により、アタマジラミが潜みやすい頭皮付近まで泡がいきわたり、効果的に作用します。従来の薬剤が効きにくい「抵抗性アタマジラミ」にも効果があります。」と記載があります。

スミスリンLシャンプータイプとの違いは、シャンプーしたときの泡に工夫がしてあるところのようです。

スミスリンシャンプープレミアム

アースシラミとりシャンプーα(アース製薬)

スミスリンと有効成分・濃度は同じです。
特長として「たっぷり柔らかな泡立ち」と記載がありますが、スミスリンと異なり1種類だけの取り扱いで「抵抗性アタマジラミ」への効果については書いてありません。

スミスリンに比べて価格が安い点がメリットです。

アース シラミとりシャンプー

シラミの薬を使う場合の注意点

使用後に発疹やかぶれなどの症状が出た場合は、使用を中止しましょう。
また、3~4回使用しても改善しない場合は、ほかの原因の可能性がありますので皮膚科を受診するようにしてください。

コメント