キューピーコーワシリーズの違いと使い分け

スポンサーリンク

種類が豊富なキューピーコーワシリーズ

前回アリナミンシリーズの違いについて商品を紹介しましたが、今回は似た用途で使われるビタミン剤のキューピーコーワシリーズの紹介をします。

キューピーコーワのシリーズはアリナミンシリーズと比べてさらにバリエーションが豊富です。
バリエーションが多いですが、その分それぞれの商品の用途がはっきりと分かれているものが多いので使い分けはしやすいと思います。

キューピーコーワシリーズの成分の違いと価格

キューピーコーワシリーズのそれぞれの商品のラインナップは以下の表のようになっています。
それぞれの薬についての特徴を順に紹介していきます。

商品名 キューピーコーワ
ゴールドα
キューピーコーワ
ゴールドαプラス
キューピーコーワ
ゴールドA
キューピーコーワ
iプラス
キューピーコーワ
コシテクター
キューピーコーワ
コンドロイザー
画像 キューピーコーワゴールドα キューピーコーワゴールドαプラス キューピーコーワゴールドA キューピーコーワiプラス キューピーコーワコシテクター キューピーコーワコンドロイザー
用途 疲労回復 眼精疲労
関節痛
筋肉痛
腰痛 膝の痛み
区分 第3類医薬品 第3類医薬品 指定医薬部外品 第3類医薬品 第2類医薬品 第2類医薬品
価格(2017/06/28
amazonの最安値での比較)
160錠
2,155円
160錠
2,389円
180錠
1,999円
180錠
3,280円
120錠
3,718円
250錠
4,408円
1日あたりの価格 26.9円 29.9円 22.2円 54.7円 93.0円 105.8円
1日服用回数 1-2回 1-2回 1-2回 1回 3回 2回
1回服用量 1錠 1錠 1錠 2-3錠 1錠 3錠
ビタミンA 2.0mg
(2000単位)
ベンフォチアミン
(ビタミンB1として)
138.3mg
(100.0mg)
138.3mg
(100.0mg)
41.49mg
(30.0mg)
チアミン硝化物(ビタミンB1) 10.0mg 10.0mg 10.0mg
リボフラビン(ビタミンB2) 4.0mg 4.0mg 4.0mg
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) 10.0mg 10.0mg 10.0mg
シアノコバラミン 60.0μg 60.0μg 60.0μg
L-アスコルビン酸ナトリウム
(ビタミンCとして)
112.6mg
(100mg)
112.6mg
(100mg)
112.6mg
(100mg)
トコフェロールコハク酸
エステルカルシウム
(ビタミンEとして)
20.7mg
(20.0mg)
20.7mg
(20.0mg)
20.7mg
(20.0mg)
51.79mg
(50.0mg)
51.79mg
(50.0mg)
51.79mg
(50.0mg)
ニコチン酸アミド 25.0mg 25.0mg
ガンマーオリザノール 10.0mg 10.0mg 10.0mg
L-アスパラギン酸
マグネシウム・カリウム
300.0mg
L-アルギニン塩酸塩 50.0mg 50.0mg 50.0mg
コンドロイチン硫酸
エステルナトリウム
800.0mg
ヘプロニカート 100.0mg
無水カフェイン 50.0mg 50.0mg 50.0mg
ボウイ乾燥エキス 240.0mg
トウキ乾燥エキス
(生薬換算量)
25.0mg
(100mg)
エゾウコギ乾燥エキス
(生薬換算量)
12.0mg
(300mg)
14.0mg
(350mg)
オウギ乾燥エキス
(生薬換算量)
30.0mg
(240mg)
30.0mg
(240mg)
オキソアミヂン末 50.0mg 50.0mg 60.0mg 60.0mg
アデノシン三リン酸
二ナトリウム水和物
(ATP)
60.0mg
パントテン酸
カルシウム
30.0mg

疲労回復・疲れにキューピーコーワゴールドα・ゴールドαプラス・ゴールドA

成分が重複しているので色々な効果が出ますが、キューピーコーワゴールドα・ゴールドαプラス・ゴールドAはいずれも体全体の疲労回復をメインの効能として作られている医薬品です。

キューピーコーワの他のシリーズとの大きな違いはカフェインを配合していることで、眠気覚ましに効果的です。
その代わりに夜に飲むと寝つきが悪くなる可能性があります。

ゴールドAのみ医薬品ではないので、効果としてはゴールドα・ゴールドαプラスよりも弱いと思われます。
しかし医薬品ではないので、逆に薬局・ドラッグストアだけでなくコンビニなどでも購入できるのがメリットです。

キューピーコーワゴールドA

ゴールドαプラスはゴールドαと比べて生薬の成分が一つ多く入っている代わりに、他の成分が一つ少なくなっています。
おそらく疲労回復に高い効果が出ると思われますが、他の成分はほぼ全く変わらないので実感があるほどの違いは出ないかもしれません。

値段はキューピーコーワゴールドαの方がかなり安いので、初めて試す際はキューピーコーワゴールドαでもよいと思います。

キューピーコーワゴールドα

キューピーコーワゴールドαプラス

眼精疲労、関節痛・筋肉痛に効果的なキューピーコーワiプラス

スマホやパソコンが普及した現代においては、おそらくキューピーコーワシリーズの中で最もよく使われる薬だと思います。
眼精疲労や・肩こり・同じ姿勢を続けることによる腰痛など幅広い効果が出ます。

以前はキューピーコーワiという商品が販売されていましたが、リニューアルされてキューピーコーワiプラスになりました。

筋肉のコリをほぐすヘプロニカートという成分が追加になり、より高い効果が期待できます。

キューピーコーワiプラス

腰痛への効果が高いキューピーコーワコシテクター

血流を改善する成分と体の中でエネルギーになる成分が入っていて、腰痛に高い効果がでるように作られている医薬品です。

1日3回服用することと、用途が腰痛メインでかつ値段もかなり高くなっているので飲む人が限られるかもしれませんが、鎮痛剤などの対症療法ではなく腰痛の原因を取り除くのでおすすめです。

キューピーコーワコシテクター

膝の痛みに効果が高いキューピーコーワコンドロイザー

膝の痛みは季節に影響を受けやすく、体の水分の流れが悪くなることで痛みが出ることが知られています。

キューピーコーワコンドロイザーは水の流れを良くする生薬「ボウイ」と関節のクッション成分のコンドロイチンを含んでいて膝の痛みに対して高い効果が出ます。

値段は最も高くなりますが腰痛にも高い効果が期待できますので、腰と膝の両方が痛いという方はコンドロイザーを使ってみるとよいと思います。

キューピーコーワコンドロイザー

キューピーコーワシリーズの副作用・服用時の注意について

もともと体に強く影響及ぼす成分は入っていないので、副作用のことはあまり心配しなくても大丈夫だと思います。
まれに湿疹が出たり、お腹が緩くなったりすることがあるようです。
もし薬を飲んでいて、これらの症状や、他に体調変化が生じた場合は専門家にご相談ください。

またある程度長く飲んでも問題のある成分ではありませんが、1か月くらい服用していて効果を感じないようなら、中止して医師・薬剤師・登録販売者に相談してください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする