PL配合顆粒と同じ成分の市販薬

スポンサーリンク

PL配合顆粒は医療用医薬品の中で最もよく使われる総合の風邪薬

風邪をひいたときに病院でPL配合顆粒をもらったことのある方は多いと思います。

風邪薬としてよく処方される薬の1つで、医療用医薬品には珍しく複数の成分が配合されている薬です。
今回はこのPL配合顆粒の特徴と同じ成分の市販薬について紹介します。

PL配合顆粒の有効成分と特徴

医療用医薬品のPL配合顆粒は以下の4つの成分を配合している総合感冒薬です。

成分名 含量(1g中) 効能
サリチルアミド 270mg 熱を冷ましたり、頭痛を抑えます。
アセトアミノフェン 150mg 熱を冷ましたり、頭痛を抑えます。
無水カフェイン 60mg 鎮痛作用を補助します。
プロメタジンメチレンジサリチル酸塩 13.5mg 鼻水・鼻づまりを和らげます。

解熱・鎮痛成分と鼻水などのアレルギー症状を抑える成分で構成されている比較的シンプルな配合の薬です。
市販薬で比較的配合されていることが多い咳止めや痰の切れを良くする成分は入っていません。

PL配合顆粒と同じ成分の市販薬

PL配合顆粒と同じ成分が入っている市販薬は同じ塩野義から発売されている「パイロンPL顆粒」という薬です。

成分量は約80%になっていて、また医療用のPL配合顆粒は1日4包服用できるのに対して、市販のパイロンPL顆粒は1日3包しか服用できないため、同じ効果にはならないと思いますが、PL配合顆粒と同じ薬を市販で購入したい場合にはおすすめです。

また15歳以上の方専用の薬となっているのもパイロンPL顆粒の特徴です。

パイロンPL顆粒

その他症状別おすすめの風邪薬

その他大人(15歳以上)に症状別のおすすめの風邪薬は以下の通りです。

①のどの痛みがひどい風邪

のどの痛みがひどい場合におすすめの総合風邪薬はコルゲンコーワIB錠TXαです。
のどに効果がある成分が2種類入っていて、いずれの成分も市販では最大量配合されているのが特徴です。

コルゲンコーワIB錠TXα

②鼻水がひどい場合

鼻水がひどい場合、ルルアタックIBエースやベンザブロックSプラスがおすすめです。
ベンザブロックSプラスは熱・頭痛に対する効果がマイルドな成分になっていますが、12歳以上から服用できる配合になっているのが特徴です。

ルルアタックIBエース

ベンザブロックSプラス

総合の風邪薬を服用する際の注意点

①風邪薬の副作用について

風邪薬は市販の薬の中で最も注意が必要な薬の1つで、様々な副作用が起こることが想定されます。
よく起こる副作用としては胃痛などの胃腸障害・眠気やのどの渇きなどが代表です。

これらの症状は市販されている風邪薬の多くで起こり得ますし、当然パイロンPL顆粒含めて今回紹介したすべての薬で起こり得ます。
市販の風邪薬を服用していて、これらの症状を感じることがあれば専門家にご相談ください。

またさらにひどい副作用として、アレルギー性の湿疹のような症状が出ることがあります。
頻度はごくまれですが、症状が急激にひどくなる場合もあるので湿疹の症状が出た場合はすぐに病院で診察を受けてください。

②風邪薬の効果について

市販・医療用いずれもほとんどの風邪薬は症状を抑えるものであり、原因を取り除いたり、早く治すための薬ではありません。

風邪を治すにはしっかりと栄養を補給して休息することが大事です。
栄養補給に用いる医薬品もあるので必要ならこちらのページを参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする