膣カンジダに効果がある市販薬

スポンサーリンク

実は膣カンジダの経験者は多い

普段ドラッグストアの店舗で働いているときに接客することはあまり多くないのですが、膣カンジダになったことのある人はかなりいらっしゃるみたいです。統計的に5人に1人は経験があるとの報告もあります。

膣カンジダの症状を訴えて来局される女性の接客はデリケートな話になることも多く、女性薬剤師がいれば接客を交代することも多いです。

またそもそも女性の医師や薬剤師に対しても相談しにくいと考えられている方は多いと思います。
(私も泌尿器科に診察を受けに行くのはかなり苦痛です。)

そこで今回はできれば誰にも相談できずお悩み方に少しでも役立てられるように、膣カンジダの対処方法とおすすめの市販薬についてご紹介します。

膣カンジダの原因と症状

膣カンジダは膣の中でカンジダ菌が増殖し、おりものが増えたり、かゆみが生じたりする病気のことを指します。

カンジダ菌は健康な方でも肌や膣に存在する常在菌ですが、ストレス・疲労などにより免疫力が低下した際に増殖し、膣カンジダを引き起こします。
日常的に存在する菌が原因となるため、人によっては繰り返してかかってしまうのが特徴です。

市販薬で対処できる膣カンジダ

最近は少しこの種類の薬も増えて、徐々に認知されてきていますが、市販薬で膣カンジダに効果がある薬は「再発」治療薬です。

以前に医師に診察を受けて、膣カンジダと診察を受けたことのある方が、再発した場合にしか使用できません。
(厳密にいうと再発かどうかを個人で確定することはできませんので、診断を受けたときと似た症状が出た際に使用する薬ということです。)

なぜこのような制限があるかというと、他の病気でも似た症状を引き起こすことがあるからです。
膣カンジダ誤ってカンジダの薬を使用することにより、症状がひどくなってしまったり、治りが悪くなることがあると言われています。

同じように再発治療専用として市販薬で有名なものに、口唇ヘルペスの薬があります。

膣カンジダの市販薬の種類

膣カンジダの治療効果がある市販薬は塗り薬と膣坐剤の2つが販売されています。

症状がある場所により使い分けをする目的で2種類が販売されていますが、新しく販売されている薬は坐剤のみでも高い効果が出るようになっています。

膣カンジダに使われる市販薬

①エンペシドL

医療用でも同じ成分の薬が同じ名前で使われていて、市販では最近リニューアルされた膣カンジダの治療薬です。

医療用はクリームや外用剤(液剤)なども存在しますが、市販薬では膣坐剤のみとなっています。
医療用の坐剤の説明文書では膣坐剤のみで外部にも効果があると記載があり、クリームの併用は必ずしも必要ありません。


エンペシドL

②オキナゾール・フェミニーナ膣カンジダ

こちらもエンペシドと同じく、坐剤のみで中と外との両方に効果がでる膣カンジダの薬です。
エンペシドよりも少し古くから使用されている薬になります。

オキナゾール

フェミニーナ 膣カンジダ

③メディトリート

オキナゾールやフェミニーナよりももっと以前から販売されている膣カンジダの治療薬です。

今回の紹介する薬の中では唯一クリームと膣坐剤の両方が販売されているものになります。

症状が外だけならクリームを使用しても良いかもしれませんが、新しい薬は膣坐剤だけで中も外も効果が出るので、用途は限られてきています。
坐剤とクリームを両方使った方が安心だという方にはおすすめです。

メディトリート

市販の膣カンジダ再発治療薬を使う際の注意点

①どの薬を使用するのが良いか

膣カンジダに使われる薬の有効成分はいずれも優れたものになるので、どの薬を使ってもそこまで大きな差はありません。
それよりも使用を開始するタイミングの方が大事で、症状を感じたら早めに使用するようにしてください。

また市販薬を使うこと自体は良いのですが、効果が出ないときは他の市販薬に切り替えるのではなく病院で診察を受けてください。

②市販の膣カンジダの治療薬はすべて再発治療薬

先ほども書きましたが、膣カンジダに効果がある市販薬はいずれも「再発」治療薬です。

初めて症状が出た方は病院で診察を受けていただく以外に対処法がありません。
個人輸入やネットで安易に購入すると症状がひどくなるケースがあるので注意しましょう。

③使用方法について

6日間連続使用してきちんと効果が出る薬です。
症状が和らいだからといって途中でやめるとぶり返したりすることがあるので注意してください。

また、3日使用して症状が悪化する場合は薬が合っていない可能性があるので使用を中止して医師・薬剤師にご相談ください。

コメント