2017-12

抗ヒスタミン剤

アレグラFXジュニアの新発売

アレグラFXの小児用が新発売されました これまで市販されていたアレグラFXは大人用で15歳以上の方しか服用できませんでしたが、今年から新しくアレグラFXジュニアという小児用のアレグラFXが発売されました。 今回はこの新しく発売されたアレ...
坐剤

痔の対処といぼ痔に飲んで効く新商品

痔は人に相談しにくく、対応が遅れがちな病気の一つです。 今回はなるべく人に相談せずに治したいという方のために、痔の症状と市販薬で対応できるかどうかの目安についての情報をお伝えします。 また、市販薬で対応できる症状については、おすすめの市販薬をご紹介します。
喉(のど)の痛み

のどの痛みに効果が高い総合感冒薬(新商品)

コーワから新しく発売された薬は高い効果が期待できる 前回風邪薬の新商品の紹介と症状別のおすすめを書いた時にはまだ発売されていなかった(と思う)のですが、コーワから今年新しく出た総合感冒薬(風邪薬)がのどの痛みに対して効果的な配合になってい...
痛み

SG配合顆粒と同じ成分の市販薬

最近はロキソニンをはじめ、たくさんの種類の鎮痛剤が販売されていることもあってか、あまり目立たなくなってきていますが、SG配合顆粒という医療用の鎮痛剤を好んで使う方がいます。 今回は「これしか効かない!」と感じる方も多いこのSG配合顆粒についての概要と同じ成分の市販薬についてご紹介します。
抗ヒスタミン剤

高血圧と市販の風邪薬・鼻炎薬

よく見落とされるポイントですが、一部の市販の風邪薬の添付文書に「高血圧の人は使用しないでください」と書いていることがあります。 今回は高血圧の人が使用しない方がいいとされる成分の紹介と、市販薬と医療用の医薬品での制限の違いについて紹介します。
じんましん(蕁麻疹)

鼻炎薬とじんましん(蕁麻疹)

病院や調剤薬局でじんましん(蕁麻疹)の薬をもらったことのある方はご存じかもしれませんが、市販薬では鼻炎薬として販売されている薬が医療用では鼻炎薬としてだけではなく、じんましんの薬としても使用されています。 今回はこの鼻炎薬の薬とじんましんの薬についての違いや特徴をお伝えします。
女性用薬

排卵日検査薬の仕組みと違いについて

排卵日検査薬は排卵日を予測し、妊娠しやすいタイミングを把握するための検査薬です。 最近は女性の社会進出にともなって晩婚化していると言われ、シビアなタイミングできちんと妊娠するためのツールとして使用されることが多いようです。 今回はこの排卵日検査薬の特徴と商品の違いをご紹介します。
塗り薬

ステロイドの入っていない湿疹用の塗り薬

ステロイドはよく効くがおすすめしない場合もある 「炎症を抑える塗り薬=ステロイド」というくらいステロイドは一般的な塗り薬で、とても高い効果が期待できます。 しかしケースによっては湿疹があってもステロイドをおすすめしない場合もあります。 ...
スポンサーリンク